×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラン豊富な引越単身パック

引越単身パックについて

引越を扱う引越業者は、各プランを充実させています。
お客様のニーズにいち早く対応するように、細かいプランを選べたりオプションを付けたりしています。
その中でも最近では「引越単身パック」に力を入れているようです。
引越単身パックとは、名前の通り一人暮らし向けの商品。
親元を離れる学生さんや、単身赴任の方が主に「引越単身パック」を使っています。
コンテナ1つで引越スタッフも少ないことから、引越単身パックは一番お手軽なプランと言えるでしょう。
どの引越社も「引越単身パック」を競って提案しているため、その中から選ぶことは大変かもしれません。
同じ「引越単身パック」でも、引越しをする理由や荷物の質・量・移動距離は様々。
どの引越会社からも、やはり見積もりを取ることが大切になってきます。
引越し会社の得意分野もそれぞれ異なります。
「引越単身パック」と一口に言っても、受けられるサービスなどの違いは明らかです。
また、大手の会社の「引越単身パック」ではなく、一人暮らしをターゲットにしたワンルームを専門に扱う引越業者もありますよ。

引越単身パックのプランについて

「引越単身パック」は各引越会社が提案していますが、様々なターゲットに絞ったプランがあります。
例えば、女性をターゲットにした「引越単身パック」です。
これは、女性に配慮したプランです。
女性ドライバーがいて、搬出・搬入も女性のスタッフが行ないます。
確かに引越業者は男性が中心なので、女性向けの引越単身パックなら一人暮らしの女性から大きな安心が得られるでしょう。
「引越単身パック」だけではなく、現在の引越会社では、搬出後のコンテナの扉にお客様自身でシールを貼るサービスもありますから、
プライバシーはしっかりと守られます。
それから、国内はもちろん、国外用の引越単身パックもあります。
海外の引越になりますと、やはり気になるのが運賃です。
海外向けの引越単身パックは距離や荷物に合わせた料金表がありますので、明確な引越料金がわかります。
引越会社によって違いますが、海外引越に関わる荷造り・書類作成から海外での荷解きまですべてお客様が行う格安な船便の「引越単身パック」もありますので、
安く海外へ引越したい方にはお勧めです。

運送屋と引越会社の引越単身パックの違い

引越の見積もりを取られる方は、複数の会社とお付合いをすることになります。
「引越単身パック」も同様です。
引越業者だけではなく、運送会社や便利屋に似た会社も「単身パック」と似たようなプランを持っています。
そこで、安さだけで引越単身パックを選びたいのであれば、軽トラを使っている引越単身パックが一番お手軽かもしれません。
しかし、軽トラは意外と入る荷物が限られていることをご存知でしょうか。
組み立てが必要な通常のベッドやベッドのマットは、軽トラの荷台に入らないこともあるのですよ。
または、見逃しやすいのが本棚やローボードなどの家具。
このくらいなら軽トラでも入るだろう、という素人の憶測は危険です。
もちろん近場で荷物が少ない場合ですと、軽トラを使った引越単身パックは良いのですが、
大き目の家具がある場合には、引越を専門に扱っている会社の「引越単身パック」のほうが良かったということもありますので注意が必要です。
また、運送会社が提案している引越単身パックは、お得な金額を提示されますが、彼らはドライバーであって、「引越のプロ」ではありません。
家具や住まいを傷つけずに搬出したいのであれば、引越会社が提案している「引越単身パック」が良いでしょう。